【画像&動画】岩谷圭介のふうせん宇宙撮影凄い!情熱大陸で!

Pocket
LINEで送る

ふうせん宇宙撮影。なんとなく言葉からどういったものか想像は付きますよね。おそらく皆さんが今想像している通りのものだと思うのですが、そのふうせん宇宙撮影に完全に個人で成功したのがこの岩谷圭介さん。

なんとその岩谷圭介さんが10月18日放送の情熱大陸に出演することが決まっています!

一体ふうせん宇宙撮影とはなんなのか、岩谷圭介さんの挑戦と、そのふうせん宇宙撮影の動画&画像をご紹介していきたいと思います!

宇宙って、思っているより近いんです。

 

岩谷圭介ってどんな人?

岩谷圭介

出典:fusenucyu.com

岩谷圭介さんは1986年生まれの29歳ということ。

出身は福島県の郡山市ということですが、大学進学を機に北海道へ移ります。

現在は北海道の札幌市在住だそうで、2013年には結婚されているということ。

そんな岩谷圭介さんの職業は「発明アーティストエンジニア」なんてかなり素敵なお仕事なんです。実際には今からご紹介する「ふうせん宇宙撮影」に個人で成功した方なのですが、そのふうせん宇宙撮影をしてみようと思ったきっかけが少年のようなんです。笑

もともと発明家に憧れていたということなのですが、大学生の頃に見たアメリカの学生がスペースバルーンに成功したっという記事をみて、学生ができたんなら自分にもできるのではないか、と思いそこからふうせん宇宙撮影に挑戦し始めたのだそうです。

開発から設計まで全て自らの手で行わないといけないということで、幾度となく失敗を繰り返したそうですが、開発から約1年後ふうせん宇宙撮影に成功します。

これだけを聞いでも、本当にとことん真っ直ぐな方なんだなというのがわかりますよね!

岩谷圭介さんは、「自分の挑戦を通して、もっと夢を追う若者が増えて行くことを願っています。」と仰っています。

 

岩谷圭介が挑戦したふうせん宇宙撮影って何?

では、ふうせん宇宙撮影って何なのでしょうか?

ふうせん宇宙撮影とは、ヘリウム風船にカメラを付けて飛ばし、宇宙の写真を撮影するということですね。

その設計と開発を全て個人で行うということはそうそう簡単なものではありません。JAXAやNASAなどの宇宙開発機関に所属しているわけではないですから、当然使用する材料は私達も手に届くようなものばかりだそうです。

では、画像で風船が飛ぶところから、地上へ戻ってくるまでを見てみましょう。

岩谷圭介 ふうせん宇宙撮影

出典:fusenucyu.com

ふうせん宇宙撮影は、ヘリウム風船にカメラを付けて空へ放ちます。

すると、自転車が走るスピードくらいで上昇していき、高度30000メートルまで上昇します。

高度30000メートルまで到達すると、空気による抵抗がなくなるんだそうですよ。

そして最高地点高度35000メートルに到達するとふうせんが爆発。これは寒すぎて爆発するそうです。

そのふうせんが爆発するときの写真がこちら。

岩谷圭介 ふうせん宇宙撮影

出典:fusenucyu.com

全く想像していた割れ方と違うので驚きましたが、線になって散り散り割れるのですね。

なんだか神秘的かも知れないです。

そしてこの後地上に向かってゆっくり高度を下げ、地上のどこかに着地するということ。

カメラにGPSをつけているので、どこに落ちたかの判断ができるんだそうです!

凄いですね!


岩谷圭介のふうせん宇宙撮影画像&動画!

Sponsored Link

そして、実際にふうせん宇宙撮影で撮影された写真がこちら。

ふうせん宇宙撮影 画像

ふうせん宇宙撮影 画像

凄いですね!まさかふうせんで飛ばしたカメラが撮影したものとは思えません!

しかも鯉のぼりが可愛い!笑

もっと見たい方はこちらからどうぞ!→ふうせん宇宙撮影写真

こういうのって本当に子どもに夢を与えますし、おそらくこれからこの技術を使ってさらなる開発を進めれば、今よりももっと凄い何かが起きそうですよね!

完全に個人で宇宙開発なんて壮大過ぎて想像も出来ませんでしたが、岩谷圭介さんの挑戦を見て、もう宇宙は国家開発だけの対象では無いんだな、ということに気づけた気がします。

そして最後に、ふうせん宇宙撮影で取られた動画も載せておきますね!

想像を超える世界にすごく感動すると思います!

 

 

Sponsored Link
           
サブコンテンツ

このページの先頭へ